So-net無料ブログ作成
検索選択

ホントノビョウキ Ⅰ [my favorrites]

断食道場にこもって丁度一週間です。
あんまり体重下がりません。
てか、今朝は体重上がってた、なぜ?
体脂肪率は下がったけど。

さて、断食道場に入った理由は
糖尿病と無呼吸諸侯群の検査もありますが、
一番やばかったのが別にありました。

 11月末に人間ドックに入った際、 運動しながら心電図を取りました。
すると、 お医者さんが「あんた、狭心症だよ!」と言われました。
 よくテレビで「う、くく苦しい・・・!ニトロをくれ!!」ってやってる奴です。
特に悪いやつか主人公の後見人役のおじいちゃんがなるやつです。
心筋梗塞の手前の症状でいつアウトになっても仕方ない病気です。
ニトロ持っていればそれほど怖くないのですけどね。
実は言われて以来ニトロ持ち歩いていました。
親しい人と僕が一人で良く行くお店の人には在り処を伝えてあって、
何かの時はそこから取り出してくれと頼んでありました。 

この狭心症の検査の為の入院が実はメインでした。
いつぶっ倒れるかわからない病気ですから
なるべく早く詳しく検査するべきでしたが、都合があわず
昨日まで検査が出来ませんでした。
症状によってはバイパスつよけたり、 心壁を作り直したりする手術が必要になるので、 一番間違いのない方法で検査です。
CTやその他の外科的な処置を行わない検査もあったのですが、
それではいつまでもどの程度なのかわからないのです。

一番間違いのない方法とはカテーテルを手首の動脈から入れ、
心臓まで届かせてひっかけ、
造影剤を流してレントゲン写真とを併用して直接見る方法でした。
もっと詳しい方もいるので間違ってたら教えてください。
昨日はその検査の日でした。
朝飯は半分、昼は抜きで検査に挑みます。
3時間前から生食を点滴し、造影剤の排出がしやすいようにします。
一時間前にテープ式の麻酔を張られます。
これで麻酔注射もチクッとすることも殆どなくなります。
右手首の動脈に二ミリほどの穴をあけてカテーテルを入れます。
先生の管を送るしゅるしゅると言う衣擦れの音が聞こえ、
手首から肩にかけて何かが入っていく感覚があります。
局部麻酔なので感じるのです。 針治療で響く感覚と似ています。
鎖骨の下の辺りがなんだか暖かくなって止まります。
「あ、心臓ってこの辺りにあるのね」と思います。

あら、長いので続きます。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。